So-net無料ブログ作成
検索選択

スターバックスの ”こだわり” コーヒーを通じて 世界を幸福 にする! [会社]


世界規模で展開するコーヒーのチェーン店


「スターバックス」の最高責任者であり、


中興の祖でもある、ハワード・シュルツ氏の


”こだわり” を彼の言葉から追ってみました。


「私たちは コーヒービジネス を展開しているのではないのです。

コーヒーを提供する ピープルビジネス を展開しているのです」



「何より “自分の場だ” と顧客が感じられること。

次に、クオリティの高い コーヒー。

それを接客やインテリアなど、あらゆる面で演出し、

顧客の期待を 超えた からだと考えています」


img-latte-pc-ovon.png
http://www.starbucks.co.jp/cafe/images/holiday161/img-latte-pc-ovon.pngより引用


ブランドは愛されなければなりません。

そのためには、まず従業員が 会社を愛していないと始まらない。

それが大きな力を 生み出します。

最も大事なのは  現場の愛  なのです」



彼の ”こだわり” は会社の経営理念に盛り込まれています。


  以下は 会社の経営理念です。


  スターバックスの使命は、会社として成長しながらも

  主義・信条において妥協せず、

  世界最高級の コーヒー を供給することである。


 ・お互いに尊敬と威厳をもって接し、働きやすい環境をつくる。

 
 ・事業運営の上で不可欠な要素として 多様性を受け入れる。

  
 ・コーヒーの 調達 や 焙煎、新鮮なコーヒーの販売 において、

  常に最高級のレベルを目指す。
  

 ・顧客が心から満足するサービスを 常に提供する。

  
 ・地域社会や環境保護に 積極的に貢献する。

  
 ・将来の繁栄には 利益性が不可欠であることを認識する。 


スポンサーリンク



お客様を大事にするだけでなく、従業員も大事にする表れとして


「情熱をもって仕事をする仲間を私たちは 「パートナー」 と呼んでいます。

  多様性を受け入れることで、一人ひとりが輝き、

 働きやすい環境を創り出します。

  常にお互いに 尊敬と威厳 をもって接します。

  そして、この基準を守っていくことを 約束します。」


スターバックスは コーヒー豆 にこだわるだけでなく 水 にもこだわっています。


 みず【水】 スターバックスのこだわりひとつ。 

  何度もろ過し、コーヒーの抽出に適切になるようにする。

  氷もこれで作る。 

        しかし、塩素分が全く無くなった 水 は、雑菌の繁殖に弱いため、

        コンディメントバーにあった 水 は2002年撤去された。

       必要な人はカウンターで頼むことになった。



   コーヒーを通じて 世界を幸福 にする、


  彼の ”こだわり” は留まるところを知りません。

関連記事
テンポスバスターズ 限界の先に成長がある…躍進の陰にあるモノ
450年の老舗企業 「西川産業」革新の連続が伝統だ!
「キャッツ」 浅利慶太「舞台だけで食える」役者の育成!劇団四季より
「ドトールコーヒー」躍進の秘密・鳥羽博道の名言・格言
ラーメン日高屋 神田正”客も従業員もすべて幸せにします”
キーエンス驚異的な成長ぶりと高収益体質を誇る日本有数の企業
"ドン・キホーテ創業者 "安田隆夫語録・常識はずれの店が成功する秘訣
ITと物流革命「Amazon.com」創業者ジェフ・ベゾスの言葉
「カインズホーム」プライベートブランドお客様に大満足をお届けする

テンポスバスターズ 限界の先に成長がある…躍進の陰にあるモノ [会社]

テンポスバスターズというネーミング、映画ゴーストバスターズにあやかって

掛け合わせたみたいで語呂は良いが何の会社か?よくわからない!

不思議な?名前の会社ですが、厨房器具のリサイクル販売

で飲食店の開業を志す人たちにとって

「中小飲食店のお助けマン」として

欠かせない存在となっている。


   「型破りに見えるかもしれないが、

    向こう見ずな戦いはしたことないんだがな。

    度胸がないから様子をうかがいつつ、

    ここまでなら大丈夫ってところまででね」



   「反省ちょっぴりで前向き」が成功のコツ



   「あるがまま」の人生を選ぶのも自由だけど、

    いずれにせよ、3年後、5年後、人は確実に

    自分の思い描いたところに行くものだよ」



   「自分の人生は自分で決めるもの」  と云う



テンポスバスターズ 創業者 森下 篤史(もりした あつし)

の語録を聞いて、何か清々しい心地よさを感じた。


それは、見た目は 彼の田舎の”おっさん”(失礼(*_*))

的な庶民的な佇まいからくる安心感

から来るモノかもしれません。


462.jpg
http://imgcp.aacdn.jp/img-a/auto/auto/aa/gm/article/2/9/1/4/1/9/462.jpgより引用


これを象徴する逸話として、ヤマンバ軍団と名付けた女性たちを使って、

業績が落ち込むチェーン店の売り上げを回復させた事にある。



彼が再生に手を貸しているレストランチェーン「ステーキのあさくま」

で売り上げが落ち込む中で唯一、

黒字を出している女性店長達を称して、ヤマンバ軍団と名付けた。


それにしても凄い、ネーミングですね”山姥”※1ですよ。


こんな言い方をしても、人に嫌われないのは、


度量の大きな森下さんしか出来ない

荒業とお見受けいたします。


ヤマンバ軍団は自分の良かれと思ったことを

日々、コツコツと実行する。 


その行動力が「ステーキのあさくま」再生の原動力です。


「彼女たち、平気でおれに文句言ってくるからね」

と森下さんが言うように

ヤマンバ軍団も負けてはいない、社長に平然と意見を言う?


もしかして、この自由闊達さが、企業成長の起爆剤になっているのかもしれません。


これもすべて森下さんの、人柄からくる良い意味での推進力だと思われます。


スポンサーリンク



その他、改革のいくつかを挙げてみます


1.定年が無い⇒定年は社員が決める?


働けるうちは頑張ってもらう? 


と言う大らかな社風!の御陰で、

現在では社員の3分の1が60歳以上と云う…


2.「フリーエージェント制度」「ドラフト制」


今働く、店の雰囲気が気に入らなければ、自由に他の店に移れる制度

  
3.「バツイチクラブ」


 一度、辞めても、再度同じ待遇で職場に復帰できる制度


4.「社長のイス争奪戦」


 4年に1度行われる、店長以上ならだれでも社長に立候補できる制度


以上の様な吃驚(びっくり)する改革を実践しているのも、

様々な失敗を乗り越え

森下さんが編み出した「”いてて”の法則」は

前屈して手のひらを床に着けられるようにするには、

「いてて」と言葉が漏れてしまう位置で努力を続ければ、必ずできるようになる、というものだ。

”限界”の先に成長があると同じ意味で

”限界”までやってきた男の逆に言えば、

”無”の境地が

会社は社員が活躍する舞台!


“社員が変わる”企業を作り出していると考えられます。


※1 山姥(やまうば、やまんば)は、奥山に棲む老女の怪。 日本の妖怪で、

山に住み、人を食らうと考えられている。鬼婆(おにばば)、鬼女(きじょ)とも。

関連記事
スターバックスの ”こだわり” コーヒーを通じて 世界を幸福 にする!
450年の老舗企業 「西川産業」革新の連続が伝統だ!
「キャッツ」 浅利慶太「舞台だけで食える」役者の育成!劇団四季より
「ドトールコーヒー」躍進の秘密・鳥羽博道の名言・格言
ラーメン日高屋 神田正”客も従業員もすべて幸せにします”
キーエンス驚異的な成長ぶりと高収益体質を誇る日本有数の企業
"ドン・キホーテ創業者 "安田隆夫語録・常識はずれの店が成功する秘訣
ITと物流革命「Amazon.com」創業者ジェフ・ベゾスの言葉
「カインズホーム」プライベートブランドお客様に大満足をお届けする

450年の老舗企業 「西川産業」革新の連続が伝統だ! [会社]

   
眠りを科学する、新しい発想で大ヒットマットレス「AiR」

を送り出し、老舗企業に革新をもたらせた西川八一行社長は

時代をけん引し続けるのか?


ah_nisi1.jpg
http://image.itmedia.co.jp/makoto/articles/1012/17/ah_nisi1.jpgより引用


本名は西川康行であり、西川八一行は通名です。

危機管理のスペシャリスト佐々淳行の三男として生まれ、

早大法学部を卒業して住友銀行(当時)に

入行のエリートサラリーマンだった経歴の持ち主です。


西川産業入社の切っ掛けは、銀行のニューヨーク支店勤務の時

テロ事件に巻き込まれて、3時間も死線を彷徨ったことから

何か違った生き方があるのじゃないかと思うようになり、

西川産業会長の姪と結婚した後、養子縁組したことから、転職したわけです。


転職した当時、老舗企業特有の閉塞感が蔓延し、このままでは

危ないんではないか?と言う、危機感を感じたという。


そこで、起死回生を狙って開発したのがマットレスのAiRでした。


この商品開発での困難な点は、斬新な色に関しての

コンセプトが社内でとれなかったことです。


これは原点に返って、発展の基礎を気付いた

蚊帳の色が朱色と萌黄色であった事から、「革新の連続が伝統だ」と謂う

会長の教えに沿った、改革を実践することが出来たのでした。


スポンサーリンク



西川産業のルーツである近江商人の商いの心得でした。

近江商人は、三方良しという、

売り手、買い手、世間、すべてが喜ぶ商売の心得で繁栄を築いてきました。

この教えを守りつつ、新時代を切り開く新たな取り組みに

挑戦しようと社員を引っ張って行く覚悟を示したのが

以下の取り組みでした。


西川産業の取り組みとして、社長として新たに進めているのが

以下の3点です


1.日本睡眠科学研究所 ⇒ 睡眠を科学する

  (科学的な裏付けを取って、健康で快適な暮らしに寄与する)

2.店舗改革 ⇒ 若い女性をターゲットにしたオーダー枕のお店をオープン

  (新しい購買層の開拓)

3.西川チェーン|眠りの相談所 ⇒ 物販&サービスの提供でお客との接点UP

 (全国の西川の販売店を売るだけの場所から、快適な眠りを提供するための

  情報発信の場としてのコミュニティ作り)


今後も、いろいろやってくれる?西川産業からこれからも目が離せない!

関連記事
スターバックスの ”こだわり” コーヒーを通じて 世界を幸福 にする!
テンポスバスターズ 限界の先に成長がある…躍進の陰にあるモノ
「キャッツ」 浅利慶太「舞台だけで食える」役者の育成!劇団四季より
「ドトールコーヒー」躍進の秘密・鳥羽博道の名言・格言
ラーメン日高屋 神田正”客も従業員もすべて幸せにします”
キーエンス驚異的な成長ぶりと高収益体質を誇る日本有数の企業
"ドン・キホーテ創業者 "安田隆夫語録・常識はずれの店が成功する秘訣
ITと物流革命「Amazon.com」創業者ジェフ・ベゾスの言葉
「カインズホーム」プライベートブランドお客様に大満足をお届けする

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。