So-net無料ブログ作成
検索選択

二宮 和也 『硫黄島からの手紙』で 故郷へ届け”防人として将兵の心” [二宮 和也]

二宮 和也 (にのみや かずなり) と云う男、

嵐のメンバーであり、アイドルでありながらも

”際立った感性”を持ち合わせている。


その演技は観るものに感動を与え観客を虜にする。

素晴らしいスター性の持ち主である。


yjimage.jpg
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTCWqyJb2r3hv-MFOlryO1vpGZkDpj5m3vW1bwB-sFL6CJ4eEf-NAより引用




彼のナチュラルとも言える”独特な感性”で 

肩ひじ張らない自然な表現方法は”地獄のような身悶える戦場”も

自分の肌で感じた”感覚 ”としてその異空間の世界を

表現することが出来る、稀有な存在である。




彼の言葉の中にも


「本当に現場は静かでした。

セットに入ると 僕はそこにあるもの、

例えば<樽とか  銃とかの>小道具をつけていると、

自分で何も考えなくても


  ”自分が 本当に そこに いたんだろうな! ”


  と思うような<素晴らしいセット>だったということもあります。

でもセットで ずっと、


”もし 俺が ここにいたら…どうなるんだろう? ”


    と考えていたら、もうカメラが回っていて


   ”ボーっとしているの ”


   を撮られて


”OK ”


   と言われた<クリントイーストウッド監督※1 より>ことが 何回かあって、

恐ろしいな<こちらが身構えていない中に撮られて>と思いました。


  ”用意スタート!”


   というのは本当 になくて、


   ”びっくりして ”


それからは<クリント>ばかり見るようになりました。」


このように、作品の中に自然と入り込み、素のままでも、

流れにうまく乗れて作品を生かす存在であることがわかる。


スポンサーリンク



  この映画は、日米双方の多くの血を流した※2 、

悲惨な戦争の痕跡であるとともに


栗林司令官の兵隊に対する人間味あふれる対応※3 によって、


”一縷の生きる希望を抱くことが出来た ”


西郷陸軍一等兵(二宮和也)と指揮官との心の触れ合いを描く

ヒューマンドラマでもあります。


彼の発言の中にも、


「とにかく自分の中で

   ”人間であり続けること”を一番に考えました 。

  戦いの中で 人間味を失くしていく兵隊が多い中、

   自分はそれを失くさないように、

  何とか色々なことを 自分の最後の中で

   受け止めて片付け、次へ進むという作業を

一生懸命やらせていただきました。」


と述べている様に、この作品での重要なキーマンを演じきっている。



※1  アメリカの俳優出身の監督。俳優として代表作にTVシリーズ「ローハイド」

    マカロニウェスタンの「荒野の用心棒」映画「ダーテ―ハリー」等がある。

    監督として『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』『アメリカン・スナイパー』

    などがある。


※2  日本軍の戦死者2万人、アメリカ軍の死者、戦傷者は合わせて3万人に達し
    
    未曽有の血が流された激戦地である。


※3  当時陸軍で はびこっていた部下に対する理不尽な体罰を戒めた栗林中将は


    万歳突撃などで兵隊を無駄に死なせることはせず、日本へのアメリカ軍の

    
    進行を遅らせるため 迷路のように地下通路を掘り ゲリラ戦で神出鬼没な攻撃を


    仕掛け アメリカ軍に大打撃を負わせた。


関連記事
二宮和也『DOOR TO DOOR』で 体は不自由でも 前向きに生きる姿を好演!

二宮和也『DOOR TO DOOR』で 体は不自由でも 前向きに生きる姿を好演! [二宮 和也]

二宮和也 が障碍者を演じた『DOOR TO DOOR』※1 は

2009年3月に放送されたドラマで、

脳性まひにより、右半身が不自由で、

言葉もハッキリと話すことが困難だが


明るく生きる青年の役柄を見事に演じました。


障碍者の話と言うと、何となく暗くなりがちな、

悲しい物語なのかなと思いがちですが、


倉沢英雄(二宮和也)を目の中に入れても痛くないほど

可愛いと思う母・美津江(樋口可南子)の

英雄に注ぐ親の無心の愛を中心にして、

ホッと和む 日常が進んでいきます。


スポンサーリンク



英雄も明るく前向きな性格で、

昼夜を問わず 働く母のために

何とか自立して、母を楽にしてやりたいと

思う気持ちがヒシヒシと伝わってくる、

親子の愛情物語なんです。

img_0.jpg
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-0c-c3/sincere_left/folder/498520/70/4350370/img_0?1260156915
より引用


母親が無理をして過労で倒れた後、

心配で寄り添う、英雄を

自立のためにあえて突き放す母親の姿は、

自らの状態を顧みないでまず第一に

子の成長を想う母の思いにジーンとさせられます。


母親の容態が急変したと聞いて、

仕事場から駆けつけ、一刻も早く会いたいと、

病院の廊下を走る 英雄の後ろ姿は

母を思う子供の気持ちが…悲しいくらいに伝わってきて

切なくて堪らなくなり、涙腺崩壊状態になりました。


生まれつき体が不自由な人がいかに、生きていくか?


悲しかな、完全に一人だけで生活するのは不可能なのが現実なのです。


他人に、多くの部分を依存して 生きていかなければならないのも 事実です。


しかしながら、どうしても出来ない事は、他人にやってもらうにしても、


  そこで甘えてはいけないのです。


  自分で出来る事は自分でやり、


周囲の人に対しても、


   何か…自分でもお役に立つことはあるかな?


と常にアンテナを張っていることも必要なのだと思います。


   これはお互いが”思いやりの気持ちを持つ”


人にやさしい社会の実現の第一歩と思います。



こう云う事は、障碍者だけに言える事ではないのです。



健常者だって、年を取れば、いずれは、

他人の力に頼らざるを得ないのが人間なのです。


「お互いさま、なんですねえ」


所謂、ノーマライゼーション※2 の理念の実現のため、

バリアフリー※3 やユニバーサルデザイン※4 を

生活の中に取り入れて、

障碍者も高齢者も地域で一緒に暮らせる


  ”思いやりの溢れた” 社会の実現の布石となる為に、


二宮和也 が演じた 倉沢英雄 が一石を投じたものと考えられます。


※1  米国の訪問セールスマン、ビル・ポーターは脳性まひで、手足が不自由、

    言葉がうまく話せないという障碍を持つ。

    障碍者手当に頼ることなく、自立の道を求めた両親の愛情に支えられて

    何度断られようが、前向きに、次は何とかしようと直向きな努力を続けて

    顧客の心をつかみ、トップセールスマンになるまでを描く。


※2  障害をもつ者ともたない者とが平等に生活する社会を実現させる考え方。


※3  日常生活や社会生活における物理的、心理的な障害や、情報に関わる

    障壁などを取り除いていくことをいう。


※4  障害者、高齢者、健常者の誰にとっても利用しやすい製品や建物、

空間デザインの考え方。

関連記事
二宮 和也 『硫黄島からの手紙』で 故郷へ届け”防人として将兵の心”

岡田准一 ”格闘家”として映画版『SP』で驚愕の 死闘 を演じる [岡田准一]

岡田准一 のアクションが凄過ぎる、

映画版SP『革命篇』※1 で自分より一回りも

大きな体の持ち主であるテロリスト相手に、

燃えよドラゴンのブルース・リー張りの、

素早い身のこなしで果敢に戦いを続ける。


体格的には見劣りする為、苦戦を強いられるが

瞬発力と俊敏さで、一瞬のスキを逃さず、

足を相手の首に巻き付け締め上げていく。


相手も自由の利く方の手で岡田を殴り続けるが

最終的には、相手の片手を掴んだ上で、

体を捻り、膝の裏を首に巻き付けるという、

“三角絞め”の変形バージョンで、

相手を絞め落とす。


20130329215129.jpg
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/type-r/20130329/20130329215129.jpgより引用


正に、ハラハラドキドキの壮絶なアクションシーンだが、

驚くことにジャニーズ事務所のアイドルである

岡田自身が全てを演じているというのです。


この緊迫の格闘シーンはもうアイドルでなく

正真正銘の格闘家と言っても過言でないレベルです。


それも、その筈、2007年11月から放送されたドラマ

「SP 警視庁警備部警護課第四係」に出演以来,

役作りのため格闘技に取り組んできたそうです。


そして、2010年9月28日、カリ、ジークンドーの

インストラクター認定を受けた後に、

USA修斗のインストラクターの資格も取得するまでの

格闘家としての腕前を極めています。


これには、恐れ入ります。


スポンサーリンク



ちなみに、ジャニーズアイドルは、

顔に傷がつくと困ると言う理由から

格闘技が禁止されているそうですが、

岡田さんの場合は役作りの為、

特別に許されたみたいです。


こうした、彼の直向きな努力が、実を結び映画「永遠のゼロ」の主演

大河ドラマの主演と役者として大成し、

第38回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞と優秀助演男優賞を

ダブル受賞する結果に結びついたと思われます。


※1  警視庁に所属する要人警護のスペシャリスト・SP(セキュリティポリス)

    その中でも特殊な能力を備えた井上薫(岡田准一)と、その仲間のSP達が

    元上司・尾形(堤真一)をリーダーとするテロリストと戦う姿が描かれた。

   2011年3月『革命篇』が公開。


関連記事
岡田准一 身長は?榮倉奈々と比較 図書館戦争でのアクションは?

二階堂 ふみと宮崎 あおいが似てると云われているが 本当は…

岡田准一 宮崎あおい 熱愛 写真?この先二人から目が離せない!


岡田准一 身長は?榮倉奈々と比較 図書館戦争でのアクションは? [岡田准一]


図書館戦争※1 での役柄では、

生徒のほうが教官より身長が高いと言う設定ですが、

写真で見る限り、そのまんまと言う感じですねえ!


榮倉奈々 が 背が 高い のか?

岡田准一 が 背が 低い のか?


今回は 身長 の話題を追っかけてみました。


yjimage (1).jpg
http://msp.c.yimg.jp/yjimage?より引用


岡田准一の身長は? 


調べて見ると、公式には発表されていないんですねえ!



そこで写真から、判断すると166cm前後ではないかと推測されます。





その根拠は、中谷美紀は163cmで、

一緒の写っている写真から中谷美紀より少し高い程度、

榮倉奈々 は、170cmで一緒に並んだ写真から

岡田准一 のが 背が低い という点からの判断です。


yjimage (2).jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/201404/16/04/d0330504_423115.jpgより引用


確かに、こうやってみると 岡田準一 は身長は低いですが,

格闘技で鍛えた、しなやかのボデイと引き締まった表情は

今や、役者として、世界も狙える存在になったと思われます。


映画「SP」でも、凄いアクション※2 シーンを見せてくれました


「SP」ってカッコいいいと思わせてくれたのも彼なんです!


彼の御陰で、日陰者の存在であった「SP」も脚光を浴びて

普段は影武者となって、命を懸けて要人の盾となる

裏で社会を支える人たちにスポットライトが当たり

社会的な認識も高まったと思われます。


スポンサーリンク



ちなみに、本物のSPの採用条件は

身長 173cm以上、柔道 又は 剣道 3段以上、

拳銃射撃上級、英会話ができることなど

一定の条件を満たした警察官であることが

必須条件とされています。


2015年に映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』が公開された

この映画での、岡田準一さんもカッコいいいです。


※1  自分の好きな本を読む自由を守るため、図書館を舞台にした

  武力闘争に恋とアクションを織り交ぜた有川浩の小説。


※2  格闘家オタクの異名を持つ腕前。2010年9月28日、カリ、ジークンドーの

    インストラクター認定を受けた後に、USA修斗のインストラクターの

    資格も取得するまでの格闘家としての腕前を極めています。


関連記事
岡田准一 ”格闘家”として映画版『SP』で驚愕の 死闘 を演じる

二階堂 ふみと宮崎 あおいが似てると云われているが 本当は…

岡田准一 宮崎あおい 熱愛 写真?この先二人から目が離せない!

エンジェルハート 三吉彩花と上川隆也の屋上でのシーンに胸を打たれる! [芸能]



殺し屋としての人生を一度は悔やんで死のうとした 

香瑩(シャンイン)こと 三吉彩花 (みよし あやか)が一人、

エンジェルハート第2話※1 で

新宿の夜を見渡せるビルの屋上で佇む 


2b069d8e8a119b5f5a024fe11a62e90a-191x300.png
http://rummanager.com/wp-content/uploads/2015/09/2b069d8e8a119b5f5a024fe11a62e90a-191x300.pngより引用



冴羽遼 (さえば りょう)こと 上川隆也 (かみかわ たかや)の所へ

香りの心臓に導かれるように駆けつけるシーン


「一人で出歩くなって 言っただろう…」 冴羽


「知ってる!…この屋上!…この景色!…何でここに来たか?」 香瑩

  「分からない? 何でこんな事を 感じるのか?」

  「何でこんなに 胸が 苦しいのか?」

  「でも…これだけは分かる! 心臓が! 香りが!」

  「あなたに 立ち止まって 欲しくない!」

  「全て…糧にして… 前を向いて欲しいって!」

  「強く! 強く思ってる!」


「そうか!」 冴羽


「この心臓… なんでこんなに反応する! 解らない?」 香瑩

  「あなたも…香りも…生きろと言う! 生きるって何だ?」


「多分!」 冴羽

「今のお前が…答え何だろうな…」

「今お前は…香りの思いを 俺に伝えるために ここまで来てくれた…」

  「生きるってことは… 誰かの事を 想う ことなんだ!」 

  「難しい事じゃない… 誰かの事を 想って…」 

  「誰かの為に 一歩を 踏み出す…」

  「それが…きっと 生きるってことなんだ!」

  「来てくれて…ありがとうなあ!…香瑩」


「どうすればいい? 私は どう… 生きたらいい?」 香瑩


「焦ることはない… ゆっくり… 一緒に ゆっくり 考えて行こう!」  冴羽


スポンサーリンク




心温まるシーンに、胸が熱くなります。


二人とも、元はと言えば、「 殺し屋 」 ですからね!…

清濁併せ呑むとは…こういう世界を言うんだろうなあ?

暗く、心を 閉ざしている 者が、何かの きっかけで!

変われるとしたら… 素晴らしい! 事なんだろうなあ!…

と”ふと”思えた瞬間でした。





※1 『エンジェル・ハート』(AngelHeart)は、北条司による日本の漫画

日本テレビでテレビドラマとして上川隆也(冴羽遼)三吉彩花(香瑩)

   役で2015年10月11日 - 12月6日(9回)まで放送。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。