So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

針金で医療用機器市場を席捲する!地方のグローバル企業「マニー」 [会社]


針金を医療用に特殊加工して世界に通用する

商品を生み出している 地方の優良企業、それが「マニー」です。

最初は鉄製縫合針の製造から始めて、

改良して錆に強い18-8ステンレスのアイド縫合針

製造新技術開発に成功して 現在の発展の基礎を作ったのでした。

マニーの商品は、手術針だけではなく、

歯医者で、歯の根管治療に使われる「リーマ・ファイル」

 現在急増している白内障手術で使う「眼科ナイフ」などがある。

これらの商品に共通しているのは、針金でできていることです。


  実は、マニーが驚異の利益を生み出す秘密がここにあった。

針金の材料費が、売り上げに占める割合は、何と約1%、

 針金を徹底的に磨き上げ、独創的な加工技術で

価値を100倍にも高めているのです。

images.jpg


 しかしながら、鉄板加工で医療用のメスに挑戦したことで

大きな失敗も経験している。


手術用の針以外にも何か儲かる商品は作れないか?

針しか作っていないときに次に何をやるか?

縫う前に切るんだからメスがいいだろう!

ということでメスを簡単にやったんですが?


 市場とか流通とかいう観点からは正しい選択でしたが…

3年を費やして、出来上がった製品が発売前に、

カミソリメーカーに優れたメスを先を越されてしまった為、

結局、多額の資金投資したにもかかわらず、

鉄板加工での医療用のメスの発売は中止になったのでした。


 それまで針を作っている設備と同等ぐらいの設備を作った為、

損害はあまりにも大きかったので

当初はつぶれるんじゃないかと思った程です。

スポンサーリンク



 その時、初めて「我々は針金屋だなんだ」

 「針金細工屋」だなんだと…凄く認識させられました。


 自分の技術と自分の得意技という観点が

欠けていたのに気が付いたのです。

 得意なところで勝負する、

それが一番社会に貢献できる。

 こうしたことから、

針金に特化した技術の集積で、世界一を目指した結果、

地方(宇都宮本社)で世界的企業の地位を築いたのでした。


段ボールは「人々の暮らしと心も包む込む」勿体無い精神の象徴 [会社]


今や生活に深く関わりあっている段ボール

皆さんの地域で、育成会の廃品回収等において

段ボールを集めた経験はあるでしょう…

そうなんです…

段ボールの原料の殆どをリサイクル品でまかなっているんです。

限りある資源が有効に使われている生活必需品なんですねえ!

images.jpg

こうしたリサイクルを有効に機能させるためには、

メーカー買取価格、1キロ15円が生きています。

それに合わせて、採算の取れる価格で業者が引き取るシステム

が社会全体で有効に機能している結果だと思われます。

その段ボールを日本で最初に製造

日本の3割のシェアを誇るのが「レンゴー」と云う会社です。

この会社が有名なのは、派遣社員千人を正社員として登用したことです。

元住友商事副社長の経歴も持っている

大坪清社長の英断で実現したのでした!

住友商事時代から、「格差解消」に価値を見出していた

大坪清社長は、「格差解消」の腕を見込まれてレンゴーに

引き抜かれた経緯があります。

待遇の均等化こそが現場の士気を高揚させ、品質向上やコスト削減などの

果実を生み、業績向上に結びつく。

「労働は商品とは違う。賃金の格差や派遣切りなど、

労働価値を下げることをしていては本当の利益は生み出せず、

激動の時代を生き抜けない」

と云う考えの下に改革を推し進めたのであった。


スポンサーリンク



こうした取り組みは、資源や人を大切に考える、

「レンゴー」の社風からきていると考えられます。

これは、「レンゴー」創業者の井上貞治郎氏の

「人や物を大切にする精神」に基づいた企業マインドが、

脈々と受け継がれた、結果と考えます。

「レンゴー」は2009年に派遣社員の正社員化に踏み切った!

正社員と派遣社員と云う二重構造が生み出す

”ヤルセナイ”違和感が

会社の雰囲気を悪くしていたのも事実であったが

豊富な内部留保が何兆円を数える大企業でさえできなかった

この改革を真っ先に取り組んだのが「レンゴー」であった。


結果として翌年以降現在まで、売り上げが

毎年伸びるという成果につながっている。

 現在は、あらゆるものを包み込むパッケージの提案からデザインまで

トータルに”モノ”を包み込む産業をリードする企業となっている。

世界から注目される下町の小さな町工場 ”誰にもできないことに挑む” [会社]


以前、テレビで「下町ロケット」が注目されましたが、

この「岡野工業」は、NASA(米航空宇宙局) やアメリカ国防総省(ペンタゴン)とも

取引があるという「下町ロケット」を地で行く下町の巨星的な企業です。


しかしながら、社員6人の町工場であり、代表社員(社長?)

岡野雅行さんが率いています。


 下町ロケットの主人公 佃 航平はケイオウ大学理工学部出身で

宇宙科学開発機構?で働いたエリートですが

  岡野雅行さんは尋常高等小学校中退と云う事で

”学問を知らないという劣等感をバネに頑張った”と述べています。


 さて!岡野工業ですが…どんなものを作ったかと云うと…

携帯電話の リチウムイオン電池のバッテリーケース

(携帯電話が小型化できたのは岡野さんの御陰)、

痛くない超極細の注射針 「ナノパス33」 医療機器メーカーの

テルモが販売している(糖尿病患者はインスリン注射を毎日決まった回数打つ)

インスリン用注射針で患者の痛みを 無く(軽減)した?

yjimage.jpg


 代表的なものでも、世界が驚く画期的なものですが、

これを成し遂げた背景として日本の工業を支える下町の技術力の底力もあるでしょうが、

  岡野さん自身の個人的 資質 が大きいと思われます。

そこで、岡野さんの語った言葉の中から秘密を探りたいと思います。


「図面なんて引かないよ。それで複雑な自動機械をこさえちゃうから、

みんなびっくりするんだけど、これは常識に逆らうというより、

  俺にとってはこの方が自然なんだ。だって、ものづくりっていうのはジャズと同じで、

 アドリブで演奏しながらいかにイマジネーションを膨らませていくかが、

  勝負じゃないのか。

 それなのに図面を引いちゃったら、その図面に縛られて、

 そこから外に出られなくなる。」


 自由な発想の原点は? 

何物にも束縛されない想像力の世界を支える 技術的な蓄積(失敗を含む)!


「人付き合いを上手くこなせないようじゃ、信用だってもらえないし、

  可愛がってももらえない。あいつを呼んでも、ただいるだけでロクに話もしないし、

 もう呼ぶ意味がないなってことになったら、情報交換だってできなくなる。

  ほうぼうから声がかかるってことが大切なんだ。」


「技術力だけじゃ駄目なんだ。

情報収集力がないと、仕事の選び方も間違えちまうし、

細かい話、値段の付け方だって失敗しちゃう。

  それじゃ仕事がうまく回るはずがない。

 適正な値段をつけて、きっちり稼ぎ、

 利益を的確に先行投資していく。

ホントに大事なのはそこだ。」

スポンサーリンク


 情報を制する者 世界を制す!(世界の大国は死に物狂いで情報戦に明け暮れている)


「俺は個人で特許を取って痛い思いをした。

 だけど、ああ痛えってだけじゃなく、

頭を切り替えて、どうしたら痛い思いをしないで済むかを考えた。

  そうして大企業と連名で取るって手法に行きついたんだ。

 大企業と連名なら、他の企業は手出しはできない。

 黙っていただいちゃおうなんて考えない。」


人がいいだけじゃだめなんだ!

 世渡りの術(大企業もうまく使う)

岡野さん語録には他にもたくさんの素晴らしい言葉がありますが、

 日本人(農耕民族)への戒めとなり、 

世界(遊牧民族)との戦い方が 

少し 判る?気にさせてくれる、本気の言葉です。


樹研工業(世界一の技術集団)を支えるのは工業高校卒の元ツッパリ達 [会社]


 日本の技術力を支える中小企業の中で、プラスチック精密小型部品では,

世界のトップ企業の技術を支えるのは、工業高校卒の元ツッパリ達です。

 ギネスブックに認定された、世界最小歯車を製作したことで

世界に名を知られました。

無題.png

 100万分の1㌘、直径0・149㍉の5枚歯で

肉眼では歯が見えない大きさの代物です。

 実用はされていませんが、れっきとした量産目的の製品なのが驚きです!

これを開発したのは、頭脳よりは腕力自慢の工業高校卒の元ツッパリです。

 その当時、20億の売り上げで、設備投資も含めて

5億円もかけて開発を許した、社長の剛胆さにも驚きです。

スポンサーリンク



この秘密は樹研工業会長・松浦元男さんの言葉の中にあります。


「うちは先着順・無試験で採用する。

 大卒や院卒も来るが、まず一流企業を回って来るから遅い。

  どこにも入れない子は真っ先にうちに来る。

 確かに学校の偏差値は低いだろうが、

 それは普通科に入るための偏差値が低いだけ。

  物事を深く突っ込んで考えていく 能力の偏差値を計ったら、

うちに来る子は すごく高いはず」


「ベンチに座りっぱなしでは腐ってしまうので、

 ピンチヒッターでいいから何度も出してやる。

 だから、2,000万~3,000万円の機械を購入しても

 1 回使って終わりとか、いつも費用は持ち出しになる。

  会社が損害を被っても罰則がないから、また平気で失敗をする。

 でも何度目かには必ず すごいものを開発する。

  私が倹約してでも、彼らになるべく

 お金を使わせてやろうと考えている」


「外から豊橋に来た自分を 

 疑いもせずに受け入れて育ててくれた。

  だから、お世話になった人や町に恩返しするためにも、

 応募してくれた青年を一生懸命育てて 一人前にしたい」


「何の指示もしなくても、

 思う通りに動いてくれる人たちを、

 そう簡単に抜けさせない。

 何十年も一緒に働いてきた

 奴が辞めると…寂しいよ」


以上が、先着順採用、定年制無しの驚くべき世界的中小企業です。

唖然としますが、会長の言葉に全てがある気がします…!

エンジェルハート最終章 シャンインよさようなら…また逢う日まで! [芸能]


エンジェルハートもいよいよ最終章を迎えてしまいました…

シャンインに会えなくなってしまうと思うと…

悲しくて…あなたはこのドラマで眩いばかりに輝いていましたね!

まさに天使です!

無題.png

題名のエンジェルを想像させる、白い服を着た天国を思わせる場面から

「温かい…何だろう?この感覚…」

「私が…求めていた…」

「何だったんだろう?この心地よさ…」

「目が覚めたら…この感覚は…もうないのかも?」

「すごく…安心できた…包み込まれるような…」

「ずっと前から求めていて…かなわなかったもの」

「あの…感覚…」

花園診療所のベッドで目覚めて冴羽 ?に依頼するシャンイン!

「X……Y…Z」

「私の……私の…パパになって!」

「ずっと…ほしかった」

「悩んだときに相談に乗ってくれて…背中を押してくれるお母さん

  生きてく道を教えてくれて…命がけで…守ってくれるお父さん

「私の……パパになって!」


スポンサーリンク



イルミネーションの中を二人で歩く

指輪?」

「これ!香に…渡せなかった…」

「ありがとう……パーパと…マーマの娘で…私…幸せ!」

本当に!笑窪が可愛いらしい…キュートな女の子ですねえ!

リョウの腕を組んで立ち去る姿は、本当の親子!

シャンイン役の三吉 彩花 (みよし あやか)さんはミステリアスな

役を好演したので今後のブレーク間違い無しですねえ!

今後も活躍を期待します!


" サイレーン 史上最強の悪女”橘カナ(菜々緒)” [菜々緒]



”偽”橘カナ(菜々緒)の怖さが半端じゃない…


この女…今までにいったい何人

人を殺しているんだろう。

無題.png


最初が父親(1人目)を橋から生きたまま突き落とし

(父親が谷底に吸い込まれていくシーンは…生き地獄の様な恐怖)


次に友人の”本物”の橘カナ(2人目)を薬で眠らせた後、絞殺して自分が成り代わった。


次に恋人(3人目)をナイフで滅多刺し、


更にキャバクラ嬢(4人目)を殺害


ソックス殺人事件の犯人(5人目)を返り討ち(高架下で般若面の女ターミネーター

の様な(菜々緒)がタクシー運転手をバールで殴り殺す恐怖)


知人である乃花の不倫相手奥さんを絞殺(6人目)


(白いクマの後ろに隠れてクマの

人形に殺しを白状させるシーンの恐怖)乃花(7人目)を自殺に見せかけ殺す、


そのほか、殺人未遂や、殺人教唆など罪状多数で死刑以外に考えられない!

スポンサーリンク



極悪人じゃありませんか!無表情で人を殺すとこなんか、恐ろしすぎて…

菜々緒さんが演じる…美しい殺人マシーンサイボーグ的な役柄…見事としか言えません。


”偽”橘カナ(菜々緒さんの)台詞…現実と悪夢が交錯する様な”ぞっとする言葉”


 「気付かれた…邪魔だな」


 「整形してたんですよね…そうかなと思いました…顔に傷をつけてたのがどうも…」


 「私も…整形しているので…」「ハイ」「元の顔…見たら驚きますよ!」


感情を押し殺して、淡々と話すその内容は驚きです!



缶詰のパンが「救缶鳥」となって!世界中の人々の心と体を救う! [会社]


びっくりの、缶詰のパンは!
3年たっても出来立てのしっとり感を保っている…
そのパンが今までに世界中の被災地や
飢餓地域に10万食分以上も無償で送られました。  
被災地のショックで打ちひしがれている人々や
飢えに苦しむ人々に取って
柔らかくおいしいパンは、ほっと一息つける
何よりの心と体の支えとなった事でしょう!

ダウンロード.jpg


このパンを、開発するきっかけとなったのは、
1995年に発生した阪神淡路大震災です。
栃木県那須塩原市でベーカリーを営む秋元義彦さんは、
震災直後に被災地神戸に2千個のパンを送りましたが、
半分以上が傷んでしまうことになり、
食べられずに捨てられたのを、非常に悔しがったのです。
そこで秋元さんは、
「焼きたてのように美味しく、日持ちがするパン」
の開発にその日以降、邁進しました。


スポンサーリンク




そして1年間、試行錯誤を続けて編み出したのがこのパンの缶詰です!
このパンの缶詰を、社会貢献に役立たせるとともに
それでいて継続可能なビジネスとして両立させたのが「救缶鳥」でした!  

それは、一個概ね900円前後※1で企業や個人に(安心できて美味しい
非常食として購入してもらい、2年間備蓄後、賞味期限を一年残して
義援物資として、世界中の飢餓に苦しむ人々を救う食料として
役立たせるシステムの構築をした結果でした。

開発の裏話としてパンの劣化を防ぎ、長期保存を可能にするためには
「無菌」「無酸素」「遮光」の3つの条件が必要なのですが、
当初は失敗の連続でした、試行錯誤の結果、
ひょんなことからパンの生地を缶に入れて、
そのまま焼き上げる方法を思いつきました。

そのまま焼くと、パンが缶にくっついてしまうのを防ぐため、
引き出しやすく、 しかも焼き上がり後の缶内の結露を
防ぐような性質を持った紙でパン生地を包むことで解決しました。
缶ごと焼いているため無菌ですし、脱酸素剤を一緒に入れますから、
無酸素状態を維持できて、缶は光も通しません。
こうして「救缶鳥」の原型ができたのでした。

また、パン屋としての美味しさのこだわりは勿論として
追及してやまない永遠のテーマとして日夜研鑽に励んでいます。
まさに、秋元さんの信条としてパン屋の親父として、
出来ることを懸命にやったら、「救缶鳥」ができた!のです。

日本人の心情として「勿体無い」の気持ちから考えられたのが
画期的な「救缶鳥」のシステムでした。

備蓄用非常食は賞味期限が過ぎると処分されるのですが、
購入先としても廃棄処分にかかるお金は悩みの種でした。
けれども、取引先から商品を下取りし、
NGOと協力して海外の被災地や飢餓に苦しむ地域に無償提供することで、
パンも無駄にならず国際貢献もできる、
三方良しのシステムが出来上がったのでした。

※1 「救缶鳥」5缶セット  4,800円(税抜)
救缶鳥<15缶セット>【税抜価格 \11,500】


新春初夢「未来工業」”楽して儲ける”「日本一、社員が幸せな会社」 [会社]


 みなさんは、未来工業と云う、会社ご存知ですか?

この会社も常識にとらわれないすごい会社です。


周りの人が誰もやろうとしなくても、

己の信じる一つの道を究めて

それを実践しようとする創業者の意思が

脈々と生きているそんな会社です。

 以下に基本的な創業者の考え方

  「常に考える」→「よそと同じ物は作らん」

  「社員をいかに“やる気”にさせるかで会社は決まる」

  「会社は社員を幸せにする場や」

  「徹底して同業他社と反対のことをやる」→「差別化」

この会社の社是は”常に考える”で創意工夫により他社との差別化を図り、

短時間集中型に職場環境を整備して、

その結果 ゆとりが生む爆発的想像力により利益を生み出して、

創業(1965年)以来赤字なしの経営を維持しています。

そんな夢のような会社に今年は、新春早々迫ってみました。

20150305095142_1.jpg
http://www.mirai.co.jp/より引用



■年功序列 (企業理念・ 社風・ 職場環境)を基盤に置く。

 未来工業では年功序列制を基盤に置いています。

年齢と社歴で評価し、長い目で見て成長を待ってくれる!

そんな会社の為、不満も少なく、いざというとき頑張ろうという

気持ちにもなれる筈…との考えからです。

その他、パート、派遣労働者は置かない(全員が正社員)

社員を人財と考えて大切にする考え方からです。

チャレンジ精神の応援、失敗は何度してもいい

(ただし同じ失敗は許さない)社員の自主性を尊重し、

長期的に温かく見守るそんな優しさにあふれた会社です。


 社長だと言って威張っているような会社はいずれ失速します。

本田技研工業の創業者本田宗一郎のように、

気さくに社員から”おやじ”と呼ばれて、

社員食堂で作業着のまま社員と笑顔で昼食を摂れるような雰囲気が必要です。

社長に人事権があるとばかりに、社長におべっかを使う人ばかりを出世させて

いたらその会社はおしまいです。


往々にして、そういう会社が多く、

特に2世経営者で利己主義の社長の末路は悲惨なものがあります。

 社長が自分のことしか考えない人の場合に成果主義を導入しても、

全くの無駄になってしまう、それは評価する側の利己的な判断基準に則っているからです。

 
 ※儲かっていない会社の社長が、会社の金で高級車を買ってはいけない理由→

  儲かっていない中小企業の社長が、会社の金で高級車を買うのは、

  すぐにやめるべきだと思う。そうではなく、社長も自分の給料の中から、

  身の丈に合った自家用車を購入すれば、

  それだけで社員を感動させることにつながるはずだ。

  (創業者 山田昭男の名言から引用)

スポンサーリンク




■「ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)」は禁止して現場へ大幅な権限委譲をした。

「社長が知らない間に営業所ができていた」という話がありますが、これも事実です。

営業所もやる気のある社員が勝手につくってきたと云う

全国28の営業所のうち25カ所がそんな感じでできたそうです。

もうびっくり!

創業者曰く…「その仕事はその担当者が一番分かっとる。

気持ちよく働ける環境であれば、基本的なやりとりぐらい自然にやっとるよ。

うちは出張も社員が自分の判断で出掛けとる。

ノルマなし、教育なし、管理なし。」と宣う。

■ノルマ禁止にした。

「そんな重荷を社員に課すと、無理をしてしまい、かえって契約内容の質が下がってしまう。

ノルマを課さず、人の管理もしていないが、そのほうが自由なので社員は喜ぶ。

喜んでやる気が出るから、自分で目標をつくって積極的に仕事をしている」とは創業者の言葉。


 営業は、営業所の売上・利益の対前年比アップを目標に掲げますが、

 個人のノルマはありません。

営業の最大の役割は、次の製品につながる情報収集です。

だから一般的な会社の営業スタッフが売上や行動を報告するために書く

「営業日報」の代わりに、当社では「情報日報」にお客様の要望を記入します。

そして開発と共有し、どこよりも早い商品化を目指すとのことです。


■改善提案制度を導入している。

業務改善などのアイデアを1件出せば、500円を支給します。

どんな小さなことでもOKです。(但し、上司の悪口と給料を上げろ等に関しては除外しています。

それ以外の会社に関するあらゆることが対象です、

例えば食堂に置いてある小物についてでも可です)。

さらに、1等に選ばれれば3万円、年間200件を超えれば15万円が、

しかもうれしいのが、既婚社員でも自分のおこづかいにできる現金支給ということです。


■タイムカードもありません(1日7時間15分労働・16時45分には退社して残業はありません)

出勤簿はありますが、タイムカードはありません。社員を信じて、自己申告制としています。


■福利厚生「待遇」びっくりの厚待遇です。

・育児休暇は最長3年(何度取ってもいい)

・年間140日間の休暇(年末年始は20日連休)

・定年70歳(給与水準は60歳レベルを維持する)

・制服を強制しない(代わりに作業服代として全員に毎年1万円支給することに。

社員は店で作業服を買ってもいいし、私服のままでもいい。)


■徹底的な節約 を実施している。

オフィスの蛍光灯1本1本にヒモがついていて、担当を決め、こまめに消灯。

廊下は1日中、消灯です。

また本社ではコピー機は1台のみで、徹底的に経費を節約して、

浮いた分を有効利用できる会社なんです。

こんな夢のような会社があるんですね!社員(従業員)が自分を大事にするように、

会社を愛することができる。素晴らしいことだと思います。




サイレーン最終章”善と悪”猪熊姉妹に潜む?二つの世界!を生きる [菜々緒]


最強の悪女を見事に演じた偽カラ(菜々緒)、しかしながら、整形を重ねて、

本来の顔も心も見失ってしまった。

実は寂しい哀れな女なのかもしれない?



人の生死を司るのは実は神にしか許され無い事なのに?

しかしながら、

時に人間は,少しのボタンの掛け違いで?

別の世界に足を踏み入れて我を忘れてしまうのかもしれない。

無題.png
※関西テレビより引用


猪熊夕貴の双子の姉も…そんな一人だったのだろうか?

人を殺すことに快楽さえ感じる…悪魔に成り下がってしまった


<偽夕貴(菜々緒)の言葉>


 「おとなしく…死ねえ」


殺すことで相手が自分のものになると信じる哀れな女


橋の上で里見と対峙する


  <偽夕貴(菜々緒)の言葉>


 「とっくに殺した」→本物の猪熊夕貴を

 「殺して…永遠に…私の一部になった」

 「嘘を言って…どうなる?」

 「あの世で猪熊と…会え!」

  里美の菜々緒に対する必死の攻撃に対して

 「お前が?警察官のお前が…殺人犯になるのか?面白い!」

 「世の中には2種類の人間がいる…自分の意思で

  殺せる人間と…殺せない人間」

 「お前に人が殺せるのか…お前が本当に選ばれた人間なのか」

 「試して!見ろ…」


人は復讐心に心乱す事もある!…(里見の心が殺意に満ちていたの感じ)


 「あいつ!…本気だった」

スポンサーリンク



偽夕貴(菜々緒)は、猪熊夕貴になって里見偲も手に入れようと

画策したが、里見に気付かれて失敗に終わり、二人を殺して

二人の世界を手に入れようと考えた。


< 偽夕貴(菜々緒)の言葉。>


 「守るものがあると…人は弱くなる」

 「里見…お前を殺して…猪熊も殺す」
 
 「そして私は正義感を手に入れる…完全に猪熊になる」

 「人のために何ができるか?…それが正義感?」

 「へーえ…つまらない人生だな…じゃあ生きてて何が楽しい?」

 「私のほうがよっぽど自由じゃないか」

 「もっと言いたいことは?…終わるのが惜しいな」

 「私が?…私を…殺したい?」

 「黙れ…」

 「お前たちに何がわかる…お前に分かってたまるか」

 「お前みたいなやつに…死ねえ-」


警察の廊下ですれ違った、自分がなり代わりたかった二人に対して、


   <偽夕貴(菜々緒)の言葉>


 「子供の頃…双子の妹がいると聞いていた」

 「そしてずっと探していたんだ」

 「私はその子になりたかった」

 「初めて見た時…やっと見つけたと思ったよ」

 「私自身を」

偽夕貴(菜々緒)は里見に対して負けたことを認めて(二人の幸せも認めた)

 「お前の言ったことは正しい」

もう自分がほしい物を手に入れるために殺人をしなくて済む

これで彼女は、やっと心の平穏を得たのであった


関連記事
悪女キャラを全面に押し出した 菜々緒の存在感が半端ない!

悪女キャラを全面に押し出した 菜々緒の存在感が半端ない! [菜々緒]

菜々緒さんの容姿に関しては、さすがモデル出身だけあって

「カッコイイ」と思うが…サイボーク的に表情が冷たく

全体的な雰囲気がどうも作り物の感が否めないで、

いまいち全面的な感情移入が出来ず 

一歩退いて 遠巻きに眺める様な感じになってしまう… 


しかしながらドラマやCMと云う非日常な世界では、

彼女のサイボーク的な冷たさを逆手に取って、

虚構の世界で生き生きと暗躍する悪女役を

現実を一端は忘れさせるほどの悪女のはまり役として

一般大衆を虚構の世界に引きずり込んだ

彼女の映像の世界での活躍には目を見張るものがある

ダウンロード.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/ninji/imgs/c/4/c459385b.pngより引用

巷の菜々緒に関する評判は

「笑顔が怖いから悪女路線しかできない」

「性格の悪さが滲み出てる顔」

サイボーグのような冷たい表情」

「良くも悪くもノリがいいため演技の未熟をカバーしている」

等、悪女キャラに肯定的な意見である。



また菜々緒自身でも以下のように述べて

自身の立ち位置をしっかりと自覚しているように見られます。


 「悪女のキャラクターが自分の中でも定着している実感がすごくある。

  どんどんレベルを上げていきたい」


 「(女王様キャラは)もしかしたら私が一番輝ける場所かもしれない」


 「性格はわりとオトコっぽいので、世間的なイメージはあまり気にしない」


 「友だちからは『悪女ばっかりでかわいそうだね』って言われるんですけど、

  逆に街中を歩いていても怖がられて声をかけられないから楽」

等、あっけらかんと語っています。


スポンサーリンク



auのCMで菜々緒は、その存在感を遺憾なく発揮している

昔話の出てくる主人公たちを手玉に取るほどの

圧巻の立ち位置を確保している。


能面のような冷たい表情からくる周囲への威圧感は

見るものに怖ささえ感じさせる


強力なオーラ全開でまくり 現代の竜宮城の乙姫役

おとぎ話の世界で不思議な世界を演出する妖艶な姿からは

深い業が刻まれた冷たい表情からも

何とも深い闇の叫び声が聞こえてきそうである

正にテレビと云う作り物の世界に埋没する

あやかしの姿を垣間見ることが出来る存在である

関連記事
サイレーン最終章”善と悪”猪熊姉妹に潜む?二つの世界!を生きる

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。